あなたの外側に出る部分だけで言うと、のんびりとしていて、おおらかそうに見えますが、内側に秘めたものとしては、かなり積極的な人です。

人と人との信頼関係において、橋渡し的な役割を果たします。誠実で、勇気のあるやり方で、他者との関係を築き上げる人です。

あなたは、人に対して敬意を持って接することが出来るので、意見の不一致や、衝突が起きた場合でも、他者への尊重を持って対処できる人です。自分と考えの違いがあったとしても、他者を見下すようなところはなく、全ての人間において、生きている価値があると考えているので、そのような言動や、行動が出来るのでしょう。

向上心も常に持ち、明るくポジティブです。自信に満ち、色々な物事に対しても積極的に取り組んでいきます。

行動を起こす時には、不安を抱えたまま進んでいくことはないでしょう。

周囲の人達に対しても友好的に接します。中心の星が、サポート上手という意味合いを含んでいますので、相手が接しやすいように笑顔で対応します。相手も気を許し、周りを和やかなムードにしてくれます。また、周囲の人の気持ちを察する余裕を余裕を持ち合わせているのでしょう。

直観力にもたけていて、感覚的に色々なものが思いついたり、機転が利いたりします。決められたことを、決められたように行動するということではなく、行動や、言動が瞬時に思い付くことが出来る人。と、いうことが出来るでしょう。

直観力がたけた人には、人を見る目がありますので、気が合わないな。と、思う人をすぐに見分けることが出来るため、トラブルは少なくて済むでしょう。

そうした直観力が働くというのは、色々な経験を経て、培われていくのでしょう。すでに経験してきたことから、導き出されるものなので、”あの時はこうしたから、失敗した。なので、今回はこうしたら上手くいくんじゃないかな。”という考えに至るのでしょう。

勢力的に行動していくタイプなので、自分の疲れに、自分で気付かないところがあるようなのでその部分には注意しましょう。

生まれた時は、親の運気がかなり強かったように感じます。若い頃は、親の運気の勢いや、パワーが影響して、小さい時から大切に育てられたことでしょう。その結果、言動や、行動が時に傲慢に感じられてしまうことも。その点は注意した方が良いでしょう。

30代後半ぐらいから「赤ちゃん」という意味合いを含む星が入っていて、上司や、目上の方からかわいがられるようになっていくので、良いのですが、あなたが上司や先輩の立場になった時には、部下からすると、少し頼りなさげに感じられることも出てきそうです。

晩年に入ると、元々持っていた直観力が更に冴え、ふと「心」に浮かんだことが現実のものとなったりする可能性が増えていくでしょう。

ちなみに、女性は若くても、結婚した後は中年期の星に入ると言われています。

精神的・内面の部分でいうと、壬水(じんすい)という星を持っていますので、例えると海・大河です。
夢・ロマンのある人。現代的で、チャレンジ精神旺盛。大器晩成型。束縛嫌い冷静に人生を渡ることができる試練に立ち向かう。ユニークな発想を持っている。

本質的には上記のような性質になりますが・・・家族や幼馴染など深い付き合いをしている人からすると本質の部分がわかることも多いですが、仕事上の付合いの人や、付き合いの浅い人があなたを見た場合、本人自身さえ思ってもみないような印象を持たれている可能性があるという特徴を持っています。

あなたは、高い教養を身に付けるよりも実践を重んじて専門分野を極めることで良くなります。
1回目の結婚がとても大事になります。

これらは「異常干支」という特殊な性質からきています。

あなたに合うお仕事

「知的」「理性」「教育」が、キーワードです。
教育者、学者、教授、保育士、古典芸能、古典的なことを継承する仕事、伝統を受け継ぐ、書道、華道、茶道、舞踊、小説家、研究者、アドバイザー、コンサルタント

恋人にするならこんな人

あなたが、女性であっても、男性であっても、家庭的で、人を支えるのが上手なあなたと、もの静かで頭の良いタイプとの組み合わせ。
あなたは、お相手の些細な変化にも気付き、恋愛面では感情的に動いてしまうところがあるようです。一方、お相手は、少々、理屈っぽくなるところがあるでしょう。意見の食い違いから、衝突は起きるとは思いますが、持ち前のサポート力で乗り切っていきましょう。

結婚について

結婚相手としては、全く違うタイプを選択されるでしょう。結婚の相性は非常に良く、働き者な方なので、支えがいもあるでしょう。
強いていうなら、お相手は少し短気なところがあるようですが、縁の深いお相手なので、2人で一緒に進んでいくことが出来るでしょう。

あなたの天中殺

あなたは、辰年・巳年には、注意が必要です。
辰巳天中殺

※運気サイクルの変わり目は、お正月ではなく、旧暦の2/3になります。

※必ず悪いことが起こるという訳ではありませんが、この時期の”変化 ”は、あまりおススメしません。
転居・転職・恋愛・結婚など、今の状況を変える時期ではありません。

人間には運気サイクルというものがありまして…

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
十二年間の内の二年間・十二ヵ月の内の二ヵ月
自分の思い通りにものごとが進まない時期というものが ”みなさん”にあります。