あなたは魁罡(かいごう)と言って、類い稀な運勢の持ち主です。頭領という意味を持ち、あなたが女性であれば特に「高嶺の花」のような存在です。

また、一芸に秀でるという才能の持ち主です。芸能界や勝負事(プロスポーツなども含む)の世界で活躍する可能性を大きく含んでいます。強運の持ち主であるということが言えます。

性格は感情的で激しい方ですが、なぜか不思議と人から好かれ人気者に。行動も突発的で他者が予期しないようなことをします。笑っていると思ったら、いきなり泣きだしたりと周囲はあなたのことを掴むのは大変でしょう。

感受性は鋭いものを持ち、色々な物事に感情移入します。感受性が豊かということは、他者の細かな変化、表情、口の動き、動作などを細かく見抜くことができますし、社会の移り変わりなどにも敏感に反応します。

また、色彩感覚なども優れているので芸術なども他者とは感じ方や見方が違うものを持っています。

高い志を持ち、自らの夢を叶えていく方です。目立つ存在でもありますので、自然と注目も集まるのですが、周囲からの注目を浴びたいという願望も持っています。

性格の激しさから、喜怒哀楽が激しいのですが、それがいつものこととなりますので、感情表現ができているように見えて、実はとても苦手です。

マイナス面としては、、とても神経質な部分を持ちます。そのため、考え過ぎて眠れないということもあるでしょう。

また、自己主張が強くなり過ぎるというところもあります。そのため、トラブルに巻き込まれることも度々です。

周囲からの捉えられ方としては、無神経で自分勝手だと取られてしまいます。細かい配慮が足らず、デリカシーに欠けるところから、そう思われてしまいます。しかし、裏表がなく、天真爛漫なところが好感を持たれるのでしょう。

若い頃は、おじいちゃん・おばあちゃんとの縁が深くなるでしょう。また、かなり歳の離れた方からかわいがられるという星です。なので、歳の離れた方との接し方は上手になっていくでしょう。慎重さが強く出ますので、引っ込み思案と取られる部分もあるとは思いますが、人生のスタートとしては、地道さを大事にしつつ生きていくでしょう。

30代後半ぐらいから、決して派手ではありませんが、非常に安定した中年期となるでしょう。中国発祥の占いでは、波のない穏やかな状態を「大吉」とされています。何故なら、高すぎるエネルギーは、人を傷付ける場合もありますし、「陽」が反転する場合もあります。社会においても、家庭においても、団結力が高まり、信頼され、尊敬される人間へと変化していくでしょう。

晩年に入ると、生まれた時に戻るといいますか、赤ちゃん戻りといいますか、非常にかわいげのあるお年寄りとなるでしょう。多少の失敗があったとしても、何とも憎めないかわいらしさがある晩年期を過ごされることでしょう。

ちなみに、女性は若くても、結婚した後は中年期の星に入ると言われています。

精神的・内面の部分でいうと、庚金(こうきん)という星を持っていますので、例えると鉄鉱石です。負けず嫌いで、白黒ハッキリつけたがる。打たれ強い働き者。男女共に鍛えられて強くなる。一途に思い込む。働くことが大好き。成功。闘争。真面目で強い意志を持っています。

本質的には上記のような性質になりますが・・・
家族や幼馴染など深い付き合いをしている人からすると本質の部分がわかることも多いですが、仕事上の付合いの人や、付き合いの浅い人があなたを見た場合、本人自身さえ思ってもみないような印象を持たれている可能性があるという特徴を持っています。

あなたは、高い教養を身に付けるよりも実践を重んじて専門分野を極めることで良くなります。

1回目の結婚がとても大事になります。

これらは「異常干支」という特殊な性質からきています。

あなたに合うお仕事

お仕事のキーワードは、「集団」、「協調」、「統率」
政治家、外交官、大使、商社、イベントディレクター、パーティー業、プロデューサー、会社経営(喫茶店・ケーキ屋・花屋などの共同経営)

恋人にするならこんな人

創造力豊かで、型にはめられることを嫌い、自由を好むあなたと、協調性があり、特に横の繋がりを大事にするお相手という組み合わせです。相性は良く、あなたがお相手に対して”与えてあげる””支えてあげる”ということは多くなるとは思いますが、そこに不満は生まれません。良い関係性です。

結婚について

結婚相手としては、家庭的で堅実なタイプを選択されるでしょう。意見の相違や衝突は生まれそうですが、一緒に生活することによって、補われている部分もあるという考えの元、暮らすことで、次第に腹も立たなくなっていくでしょう。お互いに譲り合う気持ちで結婚生活を送っていけば、関係は続いていくでしょう。

あなたの天中殺

あなたは、申年・酉年には、注意が必要です。
申酉天中殺

※運気サイクルの変わり目は、お正月ではなく、旧暦の2/3になります。

※必ず悪いことが起こるという訳ではありませんが、この時期の”変化 ”は、あまりおススメしません。
転居・転職・恋愛・結婚など、今の状況を変える時期ではありません。

人間には運気サイクルというものがありまして…

子・丑・寅・卯・辰・巳・午・未・申・酉・戌・亥
十二年間の内の二年間・十二ヵ月の内の二ヵ月
自分の思い通りにものごとが進まない時期というものが ”みなさん”にあります。